fc2ブログ
40代のOL。周りの人とちょっと差がつく生活を目指しています♪
健康が心底気になる年頃になってきました。

身体に良い食材を積極的に摂取するように心がけております

そんな中、毎朝の食事でどうしても小麦粉パンから変えたいのに
良さげな食品が見つからず
ジプシーしていた所

身体に良い食材のパンを見つけました。
100%玄米パン 玄米のマイセン
100%玄米パン

〚玄米のマイセン〛

玄米パンって最近良く耳にします。

しかし実は玄米パンという名のものは多々ありますが
多くは小麦粉やグルテンも配合されているものだそうです。
100%玄米パン 玄米のマイセン
そんな中、玄米のマイセンの100%玄米パンは
小麦粉やグルテン・乳・白砂糖を一切使用していない珍しいパンなのです

配合にもこだわりがあります。

原料にマイセンの残留農薬ゼロの玄米から作った玄米粉を使用。
そのため食物繊維もたくさん含んでおり、栄養も「玄米」と変わらず豊富に入ってるのです。
またGI値も低く、食後の血糖値の上昇の仕方がゆるやかなので「ダイエット」にも効果的♪


100%玄米パン 玄米のマイセン 



美容に健康に積極的に取り入れたい食材の「玄米パン」
実際に頂いてみました。




パンは密封包装された中に入っています。
なんと賞味期間は常温で約2週間
保存料を使用していませんが、特殊な包材を使用しているため
安心して長持ちさせることができるそうです。
100%玄米パン 玄米のマイセン

なお「トースト専用」です。
玄米で作られている為
外はカリッと、中はもちっとの食感です。

私が食べていた際の効果音は
カリカリっ・サクサクっとそんな感じかな(笑)
100%玄米パン 玄米のマイセン
このいい音にも食欲がそそられますよね

お味は、小麦粉パンとは違う味ですが
パン。パンです。

うん、まずくありません

小麦粉パンの味ではありませんので
玄米パンとして見ると美味。

味は別物だけどパンを食べている感覚になります。
100%玄米パン 玄米のマイセン

独特の食感のカリッ・もちっがアクセントになっていて
更には玄米の控えめな味も上品にあり
すごく食べやすい味と食感です

100%玄米パンだと聞いていたので
正直味の方はあまり期待していなかったのですが
良い意味で想像を裏切る味でした

そのまま食べても香ばしくて美味しいけれど
プラス、バターやジャム等味つけした方が美味しく頂けると思います。
バターを使用していない為か、少し味がシンプルなので。


なお、米粉専用工場で作られている為、小麦粉アレルギーの方でも安心して召し上がれます。

100%玄米パン 玄米のマイセン


これからの家族・自分の為の健康に続けていきたい玄米食品
血糖値が気になる人・ダイエットにも良いので定期購入してみたいです



クセのない味なので食べやすい



*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*


玄米のマイセン

無農薬・残留農薬ゼロの安心 100%玄米パン(黒焼き・白焼き)♪<玄米のマイセン>
白黒玄米パンセット
1セット: 税込 1,359 円

商品番号06422内容量白焼き玄米パン340g×1斤、黒焼き玄米パン340g×1斤
(1斤の大きさの目安:約8cm×9cm×19cm、10~12枚分)



原材料●白焼き玄米パン/黒焼き玄米パン (ともに)
玄米(国産)、てんさい糖、食用油(米油)、生イースト、塩、トレハロース、増粘剤(HPMC)
賞味期限開封前:2週間(お客様のお手元に届いた時の最低保証期間です)
開封後:保存料を使用しておりませんので、なるべく早めにお召し上がりください。
保存方法高温多湿の場所、直射日光の当たる場所を避けて保存してください。
栄養成分値黒焼き玄米パン/白焼き玄米パン (どちらも100g当り)
エネルギー 247Kcal、水分 41.3g、タンパク質 3.4g、脂質 3.5g、
炭水化物 50.5g、灰分 1.3g、ナトリウム 400mg、食塩相当量(ナトリウム換算) 1.0g


*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*


玄米のマイセンさんのモニターに参加しております。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://runapo.blog.fc2.com/tb.php/995-cacf5526
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック